出産後にお世話になった塗り薬

私は妊娠する以前から、よく口角炎になっていました。
食事に細心の注意を払っている妊娠中はまだ良かったのですが、出産してから口角炎になる頻度が多くなりました。
赤ちゃんの世話と、その合間の家事に必死で、自分のご飯にそこまで注意していられなかったからです。
もちろん授乳しているため、母乳に栄養がしっかりいくよう、野菜やたんぱく質などバランスよく食べるようにしてはいましたが、どうしてもゆっくり食べる時間は取ることができませんでした。
そのせいか、採った栄養は全部娘のための母乳にいってしまったようで、私はほとんどずっと口角炎を患っていることに……

あるとき、あまりに酷くて唇の周りまで腫れてきてしまいました。
とても痛くてつらく、耐えられずに娘を主人に預かってもらって、皮膚科へ行きました。
診察を終え、先生から処方された薬は、プロペトという塗り薬でした。
先生が仰ることには、「成分は市販のワセリンとほとんど同じだから」とのこと。
もうひとつ少し強い塗り薬のチューブをもらいましたが、そちらはプロペトを塗り続けても効果があまり感じられなかったときに、ときどき塗ると良いでしょうという程度でした。
ワセリンと同じ!?それじゃあもう薬じゃないのでは……と半信半疑ながらも、帰ってさっそく塗ってみました。
すると、なんと翌日には真っ赤だった唇の腫れがひき、さらに翌日には口角炎の痛みもどこへやら!
切れてしまった口角の傷の完治には3日ほどかかりましたが、そのあいだもプロペトを塗り続けただけで、本当に唇の潤いが段違いでした。

もともと常にリップクリームを持ち歩き、ことあるごとに塗っていなければ気が済まなかった私だったのですが、プロペトを使うようになってからは、1日2回寝起きと寝る前に塗るだけで、1日中潤いが続くようになりました。
こんな決まり文句、よくコマーシャルで聞きますよね(笑)

さらにワセリンの使い方としては、リップクリーム、ハンドクリームはもちろん、マメや靴擦れの防止、虫刺されにも効果があるそうです。
そんな意外な使い方を知ってから、我が家ではワセリン様様。
みなさまも、困ったときには頼ってみてはいかがでしょうか?

調剤薬局に来る理不尽な客

医療事務をしていた時、年末年始など
休診の時に限ってくる患者さん。
いつもと一緒の処方箋を書けと言うのです。

あいにくドクターがいないので、許可なく出せないと
伝えると今朝から薬がないから飲んでない。
ちゃんと薬を飲まなくてもいいのか?

何かあったら責任取れるのか?と強気で迫られ、
院長に連絡を取りますが、取れず…。
許可がないと出せない事を再度伝えると
怒って帰りました。

と思ったら、調剤薬局で
いつもの薬お願いー!
と処方箋なしに薬をねだり、断られ同じく文句を言いまくって
帰りました。

結局、その人は当番医で処方してもらったようですが、
初診料や加算を取られた!と憤慨していましたが
一ヶ月前には貼っていましたし、診察で薬が
年末年始にかかる人には、来れるか来れないか聞いていたので
その人が悪いんですが、とにかく人のせいにしたかったんだと思います。

こんな感じで、文句を言う人意外と多いんです。
子供がシロップこぼしたから、同じのちょうだい!と。
基本そういう時は、自費になるんですが
融通きかない!子供のしたことなのに!
とものすごく怒ります。
そんな時保険診療のしくみを、イライラせず
ゆっくり説明する院長はスゴイと思いました。

まずは処方箋は医師が書いて有効となること(今は印刷が
多いですが、あれは医師の指示のもとに発行してるだけなんですよ)
いくら同じ薬とはいえ、処方箋なしに薬は出せないんだと
いうことを理解してもらいたいです。

診察いらない。前と一緒の薬でいいからと
調剤薬局に直接来る人もいるので…

あ~あ、転職しようかな。
MR 求人でも探してみようかな。

貼り薬を常用しています

医薬品というと飲み薬や塗り薬のイメージが強いと思いますが、私が一番よくお世話になっているのは貼り薬です。
デスク業務が多いので、首や肩がとてもよく凝ります。
他に、背中や腰が痛くなったり、腕や手の甲が痛くなることも時々あります。
座っているだけの仕事も、実は結構身体を酷使しているのです。

ストレッチなど軽い運動をして予防もしていますが、湿布などの貼り薬にもずいぶんお世話になっています。

湿布薬の銘柄には特にこだわりはなかったのですが、知り合いから勧められたロキソニンテープをよく使っています。
ロキソニンといえば、解熱鎮痛剤として内服薬がよく知られていると思いますが、肌から吸収するタイプのロキソニンテープも効き目があって気に入っています。

血行もよくなっているお風呂上がりに患部に貼って寝ると、次の朝には痛みや筋肉の張りがとれています。
テープを貼りやすいような工夫もされているので、肩などは自分で貼ることができます。

くすりの用法はすごく大事

私の花粉症が発症したのが22歳の時。依頼10年以上花粉症と付き合って来ました。

しかも結構重たい花粉症で、いざ花粉症のシーズンとなると
鼻が真っ赤になるくらい鼻をかみます。
使うティッシュの箱なんて一日一箱使う時も。

辛いのが、私はデスクワークが多いので、鼻炎の薬を飲むとうとうとしてしまう。。
仕事もはかどらないし、なにより周りの視線が気になる。
これじゃあまずいと思って、ある時飲み薬から点鼻薬に変えてみたら、これが自分にあっていたのか、よく効く。
ポケットに常に常備してシュッ!と噴霧。
チーンと鼻をかんで終了、すっきり!
こりゃいいわい!と思ってしばらく使っていました。

これが大きな間違い。

だんだんと鼻づまりが頻繁になってきました。

あれれ??と思って、ネットで検索して愕然。
点鼻薬を使いすぎると鼻の粘膜が厚肥して、症状が悪化するんですね。。
(確かに薬の説明書きには常用しない旨書いてありました)

以来、点鼻薬は必要時にとどめ、飲み薬と併用しています。

皆さんも、たかが市販薬と侮らず用法を守ってお薬を使ってくださいね。

ハナシは変わり、私自身はそれほど薬をよく飲むわけではないんです。
でもある一時期、ものすごく頭痛が頻発する時期があって、 その時頭痛薬をめちゃめちゃ使いまくったんです。
普通の頭痛薬や、早めに効くものや、顆粒がいいのか錠剤がいいのか。 ちょっと前に歯医者さんでもらった鎮痛薬なんてのも使ってみましたね。
でもちょっと不思議だったのが、おんなじ種類の薬っていつも飲んでると慣れちゃって効きづらくなったりするのかということ。

友人が生理痛の薬が効かなくなったから種類変える~と言ってるのを聞いたことがあるんです。
だから頭痛薬を買うときも聞いたんですよね薬剤師さんに。

そうしたら、そういうこともあるかもしれませんね、たまには種類変えたほうがいいです。とのこと。
いや~友人から聞くまで夢にもお思ったことがありませんでした。

いっつも同じのをついつい買ってしまうので。
でもそれを期に、買うたびに違うのを買ってみようという気になったのですごくいい機会だったんだと思います。

薬剤師さんの後押しもあったし。
ちなみに今も薬箱には鎮痛剤が2種類並んでます。

ジェネリック医薬品について注意すること

同じ成分で安いジェネリック薬品、最近CMでも見ますし、実際に開業医では何度も処方されたことがあります。

先日引っ越した後に症状が悪化したので大きな病院に行ったのですが、前の開業医と同じ薬が処方されたにも関わらず、処方箋の「ジェネリックと置き換えていいか」という欄に×印がわざわざ記入されていました。

「成分が同じなら安いほうがいいんじゃないの?」と思ったので、インターネットで検索してみたところ、ジェネリック医薬品の注意点を見つけました。

それは、成分は確かに同じなんだけれども、例えばゆっくり吸収させる必要があるからカプセルに入っていたり、特殊な形をしている薬などの場合、ジェネリック医薬品がそのカプセルや形状などまで同じではない場合、成分が同じなのに効き目に明確な違いが出る場合がある、というものでした。

自分が処方されていたのは普通の錠剤だったので、特に気づくような問題は起きていませんでした。ですが、別件で病院へいったとき、「このカプセルは溶けにくいのでゆっくり吸収されるようになっていて…」という説明を受けたことがあったのですが、当然何らかの意図があって敢えてそうなっているはずでしょうから、そういう部分がもし普通のカプセルに置き換わっていたら、「成分は一緒」でも、一気に吸収してしまったりして、胃が荒れたり、効きすぎたり、途中で切れたりといったふうに、効果が変わってしまうことはありえたわけですよね…。

きちんとお医者さんと相談したり、カプセルや特殊な飲み方のものは変更を避けるなどすることも考えないといけないんだな、と勉強になったと共に、CMで一切触れられないことには怖さを感じましたね。